トップページ ›ナノテクノロジー素材事業

ナノテクノロジー素材事業

ナノテクノロジー素材事業

いわゆるナノテクノロジーは産業界から注目されていることは周知のとおりです。
2004年にはグラフェン(Graphene)がグラファイトからの分離に成功して以降、日本でも内閣府総合科学技術会議発表第三期科学技術基本計画でも対象として取り上げられております。
このトレンドに対応するため、私たちが携わる樹脂・フィルム及び電子材料分野を含む新規展開に向けて、BTCORP GENERIQUE NANO PRIVATE LIMITED 社(インド)ナノテク素材の取り扱いを開始いたしました。
グラフェンは強靭性・導電性などこれからの製品開発に求められる特異な機能性を備えた素材です。
取扱製品群もグラフェン以外に、グラフェンマスターバッチ・酸化グラフェン・グラフェンインク及びカーボンナノチューブも揃えまして、皆様の先端技術開発のサポートをさせていただきます。

ナノテクノロジー素材

  • グラフェン研究用・産業用など用途別の取り扱いがございます
  • Purity 96-99%
    Thickness ~3-6nm
    Surface Area 323-600 m²/g
    Diameter 10-20 Micron
  • 酸化グラフェン熱抑制の用途
  • Purity > 99%
    Thickness 0.8-1.6nm
    Surface Area 500 m²/g
    Number of Layers Average 1-2
  • グラフェンマスターバッチポリマー成型品の強度耐性付与
  • 配合ポリマー例 PP, PA6, PS, LHDPE
  • カーボンナノチューブ(CNT)
  • Purity > 97%
    Diameter Av. Outer Diameter: 20nm
    Av. Inside Diameter: 16nm
    Surface Area 189 m²/g
    Length ~20 μm

製品リスト

Bottom Up Technologies Corporation
  • グラフェン [商用グレード]
  • 酸化グラフェン[商用グレード]
  • 還元型酸化グラフェン
  • カルボキシルグラフェン
  • 水酸基グラフェン
  • リン酸グラフェン
  • アミングラフェン
  • グラフェンインク
  • 多層化カーボンナノチューブ
  • カルボキシル多層化カーボンナノチューブ
  • 水酸基多層化カーボンナノチューブ
  • アミン多層化カーボンナノチューブ
  • PP グラフェンマスターバッチ
  • PS グラフェンマスターバッチ
  • ポリカーボネートグラフェンマスターバッチ
  • ナイロングラフェンマスターバッチ

素材用途事例

  • レアメタル

    レアメタル

    タッチパネル、薄型テレビ、太陽電池などに不可欠なレアメタル(インジウム等)の代替が可能

  • 電池材料

    電池材料

    リチウムイオン2次電池やスーパーキャパシタの容量を上げたり、寿命を延ばすことができる

  • 軽量強化プラスチック

    軽量強化プラスチック

    プラスチックや炭素繊維複合材に少量加えることで、更に軽くて強い材料の製造が可能

  • スポーツ用品

    スポーツ用品

    ゴルフボールやテニスラケットやアウトソールの性能改善が可能

お問い合わせ

ご質問やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
その他、技術情報やカスタマイズなどお客様のご希望に添えるようにご提案させていただきます。

  • 大阪06-6443-1173

メールでのお問い合わせ